損害保険の弁護士費用特約と法律相談

オリジナル見出し01

交通事故の加害者などになってしまった場合には、相手への損害賠償の責任が生じてきますので、弁護士に法律相談をしたり、示談交渉がこじれた場合に弁護士に訴訟を依頼したりといった、法律にかかわるさまざまなことがらをこなさなくてはなりません。

基本も充実した相模原の税理士の情報なら当サイトにお任せ下さい。

しかし、こうした事項を弁護士に依頼しようにも、法律相談料や訴訟事務の着手金などといった費用面での負担などに大きな不安があり、つい弁護士への依頼を躊躇してしまうようなことも考えられます。

横浜で法律相談についての情報をお探しの方は必見です。

そうしたときでも安心な保険として、損害保険である自動車保険、火災保険、傷害保険のオプションとして設けられている弁護士費用特約と呼ばれるものがあります。

千葉県の弁護士に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

この特約は西暦2000年からはじまった、保険のなかでは比較的新しいものですが、現在ではもしものときに備えて多くの保険契約者が利用しています。

本当に役に立つhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1187396576が話題になっています。

この特約に加入していた場合には、対象となっている事故などで弁護士への依頼を行う際、必要とされる法律相談料や着手金、報酬などの弁護士費用が保険から支払われます。

法律相談料は30分5千円程度というのが相場ですが、着手金のほうは場合によって数十万円近くかかることがありますので、保険に加入するとしないとでは大きな差があります。

http://next.rikunabi.com/journal/category/%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E8%A9%B1%E9%A1%8C?page=1464660000の専門サイトのココです。

また、もし知っている弁護士がいないという場合であっても、それぞれの保険会社では、弁護士の団体である日本弁護士連合会や、地域の単位弁護士会と協定を締結しているため、事故などの種類に合った弁護士を紹介してもらうことができます。

http://girlschannel.net/topics/1158908/2/

関連リンク

  • タイトル21

    刑事事件により逮捕された人が、刑事被告人として裁判で起訴される前の段階であっても、法律の専門家である弁護士と直接面会して、みずからの権利を確実に守ることができるようにするために設けられた制度が当番弁護士制度であり、一般にも広く知られているところです。しかしながら、犯罪にかかわる刑事事件ではなくても、借金をめぐる業者とのトラブルによって突然裁判所から出頭するようにとの文書が届いたり、手続きが簡単といわれる少額訴訟を自力で起こしたものの途中でどうすればよいかわからなくなってしまった場合などのように、民事事件であっても弁護士による法律相談をただちに頼みたいという場合も多く存在します。...

  • タイトル22

    法的なトラブルとは無用だと考える人は多いかもしれませんが、それは全くの思い込みです。相続や交通事故、離婚など、法律の知識が必要となるトラブルに突然巻き込まれる可能性は誰にでもあるのです。...