トラブルの早期解決には法律相談の利用が最適です

オリジナル見出し01

法的なトラブルとは無用だと考える人は多いかもしれませんが、それは全くの思い込みです。

相続や交通事故、離婚など、法律の知識が必要となるトラブルに突然巻き込まれる可能性は誰にでもあるのです。



このようなトラブルに遭遇した場合、解決方法が分からないまま時間だけが経過してしまうと、自らに不利な結果に終わってしまうことも珍しい話ではありません。
そのような状況にならないためには、できるだけ早い段階で弁護士などの法律相談を受けることが重要です。



弁護士による法律相談は、基本的にはどこの法律事務所でも受け付けています。



ただしこの場合は相談料がかかるのが一般的です。


費用は各事務所によって異なりますが、30分の相談で5000円ほどが相場といえるでしょう。
弁護士事務所に支払う相談料がネックというのであれば、各自治体が催している無料の法律相談会を利用するのも一つの方法です。



事前に予約が必要な場合が多いのですが、弁護士への相談を無料でおこなうことができますので、トラブル解決へのきっかけとして利用する価値は十分あります。

この無料相談を受けたうえで、より細かな相談に応じてもらいたいと思えば、弁護士事務所での相談を検討すればいいでしょう。



また全国各地の弁護士や相談窓口を紹介している法テラスでも、無料の法律相談を開催しています。

こちらは一定の条件を満たすことが必要ですが、この無料相談を受けていれば、その後に弁護士に依頼した際の弁護士費用の立て替え制度も利用できますので、資金に余裕のない人には非常に便利です。



関連リンク

  • タイトル21

    法的なトラブルとは無用だと考える人は多いかもしれませんが、それは全くの思い込みです。相続や交通事故、離婚など、法律の知識が必要となるトラブルに突然巻き込まれる可能性は誰にでもあるのです。...

  • タイトル22

    近年は食品の産地偽装や病院の医療ミス隠し、製造メーカーのリコール隠しなど、企業や組織の不祥事が新聞やテレビを賑わせる事例が絶えませんが、こうした企業などのふるまいによって大きな被害をこうむるのは、いつも消費者サイドにいる一般市民であり、ときには命にかかわるような事態に発展することさえあります。しかしながら、企業の職員などの内部にいる人が勇気をもってこうした不適切な行動を告発することができれば、被害の拡大を防止したり、経営者などの責任を追及することも容易となり、社会的に見るとたいへん大きな意義があるといえます。...