法律相談センターと紛争解決センターの違い

オリジナル見出し01

東京には例外的に複数ありますが、各道府県には地方裁判所の管轄区域にしたがって弁護士会が1つずつ設置されており、ここには一般市民が法律に関連したトラブルの相談を持ち込むことができる法律相談センターが開設されています。



多くの弁護士会では、こうした法律相談センターに併設されているか、または別個の組織として紛争解決センターと呼ばれるものも開設されており、相互に役割分担しながら法的トラブルの解決にあたっています。



この二つの組織の違いですが、法律相談センターは、離婚や相続、不動産取引、金銭貸借などといった日常生活上のさまざまな法的トラブルの内容を相談者から聞き、法律の専門家である弁護士がその解決策をアドバイスするとともに、もし必要があれば裁判などの法的な手続きのために担当の弁護士への橋渡しをするという役割を担っています。



いっぽう、紛争解決センターのほうは、同じような法的トラブルを抱えてはいるものの、裁判のように大げさな手段ではなく、さらに穏便な手段で解決したいと考えている相談者のために、弁護士がトラブルの相手との間に入って仲裁することによって、話し合いでの解決を図る役割を果たしているところに違いがあります。



このため、紛争解決センターでは、話し合い以外の解決手段をアドバイスするなどの業務は行わないのが通例ですので、まず法律相談センターで弁護士のアドバイスを聞き、これを受けて紛争解決センターによる仲裁を依頼するという流れになることが多いようです。





関連リンク

  • タイトル21

    近年は食品の産地偽装や病院の医療ミス隠し、製造メーカーのリコール隠しなど、企業や組織の不祥事が新聞やテレビを賑わせる事例が絶えませんが、こうした企業などのふるまいによって大きな被害をこうむるのは、いつも消費者サイドにいる一般市民であり、ときには命にかかわるような事態に発展することさえあります。しかしながら、企業の職員などの内部にいる人が勇気をもってこうした不適切な行動を告発することができれば、被害の拡大を防止したり、経営者などの責任を追及することも容易となり、社会的に見るとたいへん大きな意義があるといえます。...

  • タイトル22

    法的なトラブルとは無用だと考える人は多いかもしれませんが、それは全くの思い込みです。相続や交通事故、離婚など、法律の知識が必要となるトラブルに突然巻き込まれる可能性は誰にでもあるのです。...